肩こりとストレートネック・スマホネックの関係について。




肩こりを訴える方の多くは
「ストレートネック」に
なっていると言われています。

5226607_s

生まれつき
首の生理的湾曲が少なかったり
首が長かったりして
ストレートネック気味の人もいますが

座りっぱなしのデスクワークをしている方が
多く悩まされており、
現代病(生活習慣病)とも言えそうです。

うつむく姿勢を続けていると、
視線が下向きで猫背となってしまい、
顔やあごが前へ突き出すようになります。

また最近では
スマートフォンの見すぎによる
首のストレートネック変形を
起こす人が増えていて、
「スマホネック」
という造語もできています。

いずれにせよ首を前に傾けたままの
前傾姿勢が筋肉や関節に悪影響を
及ぼしてしまうのです。
長時間筋肉が動かず、その結果、
緊張した筋肉により
頚椎が前方へ引っ張られて、
徐々にストレートネックになっていきます。

首の生理的前湾がなくなり、
真っ直ぐの状態
(ひどい場合には逆アーチになる)にり、
肩こりや首痛の原因となるのです。

ストレートネックになってしまうと、

頭の全ての重みが首の付け根部分にのしかかり、
首肩周辺の神経や血管が圧迫され、
筋肉疲労による凝りの症状よりも痛みが酷くなり、
さらには頭痛、吐き気、めまい、
イライラなどの症状に発展することもあります。

また首や肩の筋肉が緊張しているため
寝違えを起こすリスクも高まってしまうのです。

自分では
そこまで首や肩にトラブルはないと思っていても、
パソコンでの作業などが多い方は、
ストレートネックになりかけていることも
あります。

ケアしておくことが大事です。

 

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
長時間のデスクワークで首や肩を痛めないようにするために、気を付けること。
代替医療、補完医療とは何か??
首の解剖学的構造について
「姿勢」が首に及ぼす悪影響について。~長期にわたり悪い姿勢でデスクワークをすると・・・