「表層の筋肉」と「深層の筋肉」について。




筋肉の層には皮膚の表面近くにある表層の筋肉と

身体の奥にある深層筋があります。

 

表層の筋肉と深層の筋肉の大きさや働きは

どのような差があるのか??

一例として背中の筋肉を見てみましょう。

 

<浅背筋>

(1) 僧帽筋 :

その形がカトリックの層の頭巾に似ていることから由来する。

背部にある大きな筋肉。上部は肩甲骨と鎖骨の挙上に作用し

中部は肩甲骨を内包に引き上げ、下部は肩甲骨を回転し

上腕の挙上を助ける。

(2) 広背筋 :

背中から腰にかけて広くひろがる三角形の大きな筋肉。

上腕の内転・内旋などに作用する。

(3) 肩甲挙筋・菱形筋 :

肩甲骨を上内方に引く。

 

<深層筋>

(1) 上後鋸筋・下後鋸筋 :

呼吸にかかわる筋肉。肋骨の引き上げ下げに作用する。

(2) 板状筋・脊柱起立筋・横突棘筋 :

頭および脊柱の背屈と側屈に作用する 。

 

・・・専門用語が多くて、よくわからないと思いますが

筋肉はこのように、表面と深層様々なものがあり

身体の動きを構成しているのです。

 

(例外もありますが)一般的に深層の筋肉は

身体の奥深くで、微妙な動きをしたり、表層の筋肉を支えたりと

地味な動き・働きをしているものが多いのです。

また形状も小さいものが多いのです。

 

デスクワークなどが多い現代人の

身体の不調や痛みの原因は

どちらかというと細かく地味な

深層の筋肉の機能が落ちてしまっているから、

であることが多いのです。

 

寝違えに関しても、深層の筋肉の機能が低下していると

当然リスクは高まります。

 

短時間の強いマッサージやストレッチは

身体の表層筋をほぐすことはできても

なかなか肝心の深層の筋肉までアプローチすることはできません。

 

また無理に痛みを伴うように体をストレッチすると

筋肉が緊張してしまい逆に体が固くなってしまうこともあるのです。

 

深層筋肉の機能の改善するためには

入浴や軽いマッサージなどでリラックスさせたり

ラジオ体操や水中運動など負荷が軽い運動をすることが効果的です。

29578942_s

またストレッチをする際には無理に伸ばそうとせず

痛くない範囲でゆっくりと伸ばすのが良いのです。

 

参考にしてみてください。

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
喫煙は、首痛や腰痛に悪影響を及ぼす。
起床時に手がしびれて、動かなくなってしまった・・・手の寝違え??橈骨神経麻痺について(1)原因
『寝違え』と慢性頸部痛の差、『ぎっくり腰』と慢性腰痛の差を考える。
肩こりとストレートネック・スマホネックの関係について。