読書 「深層筋大図鑑」 


少し前に出た本ですがご紹介します。

寝違えやぎっくり腰の予防になるような運動やポーズも

沢山出てきますので興味ある方はご一読ください。

 

深層筋大図鑑

中辻正 著

10984260_423516537823955_192319362067702082_n

長く臨床に携わり美容の分野でも活躍されている

柔道整復師の中辻先生が書かれた本です。

 

・・・

簡単にまとめますと、

身体の表層の筋肉よりも

中の方にある深層の筋肉(コアマッスル)が

とても重要な働きをしていて

そこ(コアマッスル)を痛めたり、

疲労により機能を低下させたりすると

様々な障害が起こる

 

ということがイラスト付きでわかりやすく書かれています。

 

職業や状況により痛めやすい筋肉も

変わってくるため

そのようなことを交えて書かれているのは非常にわかりやすいです。

 

自分でタオルを用いて行うセルフケアの方法も

書かれていますので詳しくはご覧になってみてください。

 

・・・

ところでこのコアマッスル(深層筋)という言葉ですが

ピラティスなどはじめ様々な分野で使われています。

 

少し前にはやった家庭用エクササイズDVD

「コアリズム」というものも

コアマッスルを鍛えるエクササイズという意味から

コアの文字がつかわれているようです。

 

深層筋(コアマッスル)にアプローチすれば

基礎代謝もよくなり

寝違えや腰痛のリスクも減らせるなどの効果があり

様々な理論のエクササイズ等が発表されているようです。

 

ただコアマッスル(深層筋)にアプローチすることだけが

トレーニングや痛みの方法のすべてではないですし

これも一つの考え方です。

 

また自己流でエクササイズをやって

痛みなどが増してしまった場合は

使用を中止し医師等に相談するのが無難といえます。

 

ご参考までに。

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
「季節の変わり目」と体調の悪化、寝違えについて。
家具の「ニトリ」が健康増進グッズを販売中。
脊柱の仕組みと働きについて
読書 「世界のマッサージ」