頭痛と頸部痛の関連について




頭痛と頸部痛(頚の痛み)は

よく見られる症状でありますので

ともにどのような特徴があるのかまとめます。

 

・ 頭痛と頸部痛は一緒に起こることが多い。

互いに関係している。

 

・ ストレスは頭痛と頸部痛に共通する

疾患である。

 

・ 頭痛は大きく分けると2つに分類される。

血管性の頭痛と軟部組織に関係した緊張性の頭痛である。

 

・ 頭痛は他の疾患や障害の第一第二の

原因になることもある。

 

・ 一時性頭痛は軟部組織もしくは血管の

機能不全によって引き起こされる。

 

・ 様々な身体の動きや環境因子、

生理機能の変化によって頭痛は起こりやすくなる。

 

・ 頸部痛は外傷や反復的な緊張によって

起こる場合がある。

 

・ 頸部痛は悪い姿勢が原因であることが多い。

 

・ 頸部痛は軟部組織の機能不全や

神経絞扼が原因で起こる場合がある。

 

・ マッサージや鍼灸は頭痛や頸部痛に関係した症状や

機能不全に働きかけることができる。

 

(参考 頭痛・頸部痛のためのマッサージセラピストガイド)

 

・・・・臨床の現場でも頭痛と頸部痛は

併発していることが多いです。

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
「表層の筋肉」と「深層の筋肉」について。
代替医療、補完医療とは何か??
起床時に手がしびれて、動かなくなってしまった・・・手の寝違え??橈骨神経麻痺について(2)症状
『寝違え』と慢性頸部痛の差、『ぎっくり腰』と慢性腰痛の差を考える。