子育て中の寝違えについて。




子育てをしている方の中で

肩こり・頚の痛み、寝違えに悩まされる方がいらっしゃいます。

 

子育て中に、なぜそのようなことが起こるのか?

解説していきます。

 

子育て中は肩コリなどが起こりやすく、寝違えが発生しやすい。

 

子育て中に肩こりが起こりやすい理由は様々ですが

大きくまとめると肩こり等が発生しやすいため寝違えも起こりやすいのです。

よくあるケースについて説明していきます。

 

(1)赤ちゃんをだっこ、おんぶして背中が張っている

抱っこの動作は姿勢を保持する筋肉を使うため、

背中や肩甲骨のコリを発生させやすいです。

 

背中や肩甲骨周辺の筋肉が常時張っていると

寝違えのリスクも高くなります。

 

(2)子育ての疲労から筋肉が凝っている

赤ちゃんが夜泣きしてしまい睡眠時間が取れない、

など疲労をためる日々が続くとやはり筋肉が固くなり

寝違えを引き起こす原因になります。

 

(3)出産した時に、骨盤のバランスが崩れ背中や首に負担がかかっている

出産は骨盤が大きく開いたり

また妊娠中は体型が大きく変わることもあり

骨盤周辺の筋肉が凝っている方が多いです。

 

体型のバランスが崩れたりして、頚や肩周辺が凝りやすくなると

やはり寝違えのリスクが高くなります。

 

(4)出産時に甲状腺のホルモンが亢進している

意外に見逃されがちなのがこのパターンで

出産後から首の前面の張り感を訴える方がいます。

 

産後に甲状腺の機能が亢進していて

そのような状態になってしまっているのです。

 

こうなると

・ 肩コリ・頚のコリ

・ 倦怠感

・ ほてり感

・ (ひどくなると)多汗、眼球突出

等を訴える方が多いのですが、

初期症状においては「ただの肩こりだ」と自覚する方が多いのです。

 

甲状腺機能の亢進は行き過ぎると

バセドー病として扱われますが

病的までの亢進でないにしろ、数値が上がっていて肩こりを引き起こす方は

意外に多くいらっしゃいます。

 

これらが原因で常時、肩こり・頚のコリを自覚するようになると

やはり寝違えを引き起こしやすいです。

 

これらは病院で血液検査をすると分かりますので

もしも心配ならば医師に相談してみるとよいでしょう。

 

子育て中の、寝違え予防策にもこちらが役に立つと思います。

入浴などの時間が取れるだけでも筋肉の疲労が取れ

寝違えのリスクが減らせます。参考にしてみてください。

 

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
寝違えやぎっくり腰etc・・・痛くなったらどうするか?
起床時に手がしびれて、動かなくなってしまった・・・手の寝違え??橈骨神経麻痺について(2)症状
寝違えとは何か?
寝違えやぎっくり腰の際に使うのは温湿布?冷湿布?