寝違えやぎっくり腰の際に使うのは温湿布?冷湿布?




温湿布と例湿布の違い、

をよく質問されるのでここに挙げておきます。

参考にしてみてください。

 

(1)湿布の分類、バップ剤とブラスター剤

湿布には水分を含んだ「バップ剤」と含まない

「ブラスター剤」があります。

 

バップ剤は水分を含んでいるために水分の蒸発作用による

冷却効果があり張った時にひんやりと感じられるのが特徴です。

10516792_318293011679642_2047939954716948106_n

ブラスター剤は、上写真のような薄いタイプで

水分を含んでおらず

脂溶性の高分子の基材に薬効成分が含まれています。

 

水分を含んでいる分、

バップ剤のほうが冷却効果があるといわれています。

 

(2)温湿布と冷湿布の違いは?

冷湿布にはメントールといって

冷やす効果がある成分が含まれています。

冷やすことで腫れや痛みを和らげることを目的としています。

 

対して、温湿布には血行促進を目的とした

カプサイシン(トウガラシ成分)が含まれていて血流促進します。

そのために血管が拡張され温かく感じられるのです。

 

しかし湿布の主成分は「鎮痛作用のある薬剤」

(サリチル酸メチル、カンフル、インドメタシンなど)で

これは温湿布にも冷湿布にも双方に含まれているために

どちらも効果はあまり変わらないといわれています。

 

(3)ぎっくり腰や寝違いの場合、どの湿布??

a1640_000384

どちらも薬効成分に大差はないとはいえ、

ぎっくり腰や寝違えの際などは

患部を冷やして安静にしたいので

冷湿布を使うのが無難だと思われます。

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
よく寝違えを起こしてしまうのですが、何か良い枕はないですか??
寝違えとは何か?
「深酒」は、寝違えが発生しやすい状況を招く。(4月や12月は寝違えが多い時期です。)
寝違えを起こす場所は、頚だけでない。背中や腰も寝違える。