湿布薬の保険はずしを検討、のニュース




ぎっくり腰や腰痛の時に病院を受診すると

医師から処方されることも多い、

「湿布薬」

の一部が保険適用外になるかもしれない、

とのニュースが入ってきました。

 

今回保険適用外になるのは

第一世代といわれる

「サリチル酸メチル系」の湿布薬だそうです。

 

いわゆる「においがきつい」湿布薬ですね。

現在はインドメタシンなどあまり匂いが出ないものが主流ですが

まだまだ愛好者が多いのもこのタイプ。

 

果たしてどうなるのか続報を待ちたいところです。

 

薬剤師の業務を支える情報サイト「ココヤク」より

http://cocoyaku.jp/news/1/12565

 

(以下リンクより)

■処方枚数に一定上限設定も

政府の規制改革会議に設置した「健康・医療ワーキンググループ」は19日、市販品類似薬の保険給付範囲の見直しに関する議論を行った。健康保険組合連合会は、主成分にサリチル酸メチル、メントールなどが含まれる第一世代の外用消炎鎮痛剤(湿布薬)については保険給付から外すと共に、湿布薬の処方に一定の上限を設けることを提言。医療用医薬品のスイッチOTC化の推進も求めた。同会議は、6月に予定する規制緩和策の答申に湿布薬の保険外しなどを盛り込み、厚生労働省に中央社会保険医療協議会などでの検討を促していきたい考えである。

市販品類似薬をめぐっては、過去2回の診療報酬改定で保険外しが実施され、2012年度は栄養補給目的のビタミン剤、14年度にはうがい薬の単体処方が保険適用外となった。この日のヒアリングでは、健保連から第一世代の外用消炎鎮痛剤を保険適用から除外するよう提言があった。

第一世代は、サリチル酸メチルなどを主成分とした刺激型の消炎鎮痛剤で、炎症初期の皮膚の温熱や冷却を目的に使われるが、「欧米、日本のガイドラインでは腰痛などに対して第一選択薬と見なされていない」と指摘。

市販品類似薬を自己負担で購入した場合、6カ月で3800円以内の増加、1カ月当たりでは約630円の負担増にとどまるとの試算結果も示し、患者への影響は小さいとした。

第一世代の医療用外用消炎鎮痛剤の市場規模は20億円程度と見られ、市場に占めるシェアは小さいが、保険外しにより、第一世代の外用消炎鎮痛剤を主力製品とする外用剤メーカーには大きな打撃となる。

また、外用消炎鎮痛剤の過剰処方を防ぐため、処方枚数などに一定上限を設けることを検討すべきとの考えも示した。患者一人当たりの薬剤費が地域や医療機関により差があると指摘。医療機関が通常より多めの処方をする要因が強いとし、処方の標準化を求めた。

(以上、上記リンクより抜粋)

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
ぎっくり腰について~原因と応急処置
寝違えだと思ったら・・・だった。ぎっくり腰だと思ったら・・・だった。というケース
「深酒」は、寝違えが発生しやすい状況を招く。(4月や12月は寝違えが多い時期です。)
子育て中の寝違えについて。