ぎっくり腰や寝違えだと思ったら、まずは安静にする。炎症を抑えよう。


寝違えた。

ぎっくり腰になった。

 

・・・そう思ったら

まずすべきことは

「安静にすること」

です。

 

あとはアイシングですね。

冷やす。

詳しくはこちらの

応急処置のページをご覧ください。

 

病院はじめ専門家に相談する

という選択肢もありです。

 

*私もぎっくり腰や寝違えの

対応は得意としております。

 

もっともよくないのは

自己判断でいろいろしてしまうことです。

 

「ストレッチをしたら

悪化した・・・」

 

「痛みが強いのでお酒飲んだら

ますます痛くなった・・・」

 

そういったことはしないほうがいいです。

身体に炎症反応がおこった際

冷やすべき時に冷やし

安静にすべき時に安静にすれば

最速で痛みが楽になります。

 

できれば病院等、

専門家を早く尋ねる。

 

できなければ応急処置をして

安静にする。

これが大事です。

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
よく寝違えを起こしてしまうのですが、何か良い枕はないですか??
寝違えだと思ったら・・・だった。ぎっくり腰だと思ったら・・・だった。というケース
「深酒」は、寝違えが発生しやすい状況を招く。(4月や12月は寝違えが多い時期です。)
寝違えとは何か?