季節の変わり目のぎっくり腰・寝違えについて。


季節の変わり目に

ぎっくり腰や寝違えなどを

起こしてしまう方が多いです。

 

なぜでしょうか??

 

一つは

気象病

といって気温や温度変化が

一因ともされています。

 

これも一つの説にすぎませんが

気圧が下がると

痛みが増すという実験結果も

あるほどです。

 

また気温の変化によるストレスが

身体を交感神経優位にさせる

という説もあります。

(詳しくは上記リンクより)

 

それも確かにそうなのでしょう。

 

季節の変わり目というのは

どうしても疲れやすいです。

 

また季節の変わり目というのは

それらの理由から

情緒も不安定になりやすい

と言われています。

 

情緒が安定しないと

やはり緊張も増すでしょうし

寝違えやぎっくり腰のリスクも

大幅に上がってくるのです。

 

いろいろな説がありますが

いずれにせよ

季節の変わり目には

注意した方が良さそうですね。

 

あらかじめ予防しておけば

リスクも回避できます。

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
寝違えとは何か?
子育て中の寝違えについて。
寝違えだと思ったら・・・だった。ぎっくり腰だと思ったら・・・だった。というケース
『寝違え』と慢性頸部痛の差、『ぎっくり腰』と慢性腰痛の差を考える。