星野仙一、楽天監督が黄色靭帯骨化症長期休養へ。




少し前のニュースですがご紹介いたします。

プロ野球の楽天・星野監督が休養中ですが

星野監督は、「黄色靭帯骨化症」

に悩まされていたようです。

 

THE HUFFINGTON POST
星野仙一監督、
胸椎黄色靱帯骨化症と診断 どんな病気か? より
http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/27/hoshino-disease_n_5395452.html

「黄色靭帯骨化症」とは、
脊髄付近の靭帯が通常の何倍もの厚さになり、
骨の様に固くなる、徐々に脊髄を圧迫してくる原因不明の難病。

プロ野球では巨人の越智大祐選手や
ソフトバンクの大隣憲司選手が患った経験がある。

日本脊髄外科学会では、以下のように解説している。

この病気は欧米人に比較して明らかに
私たち日本人では高頻度に発生することが知られていますが、
残念ながらなぜこの様な靱帯の骨化が
生じてくるのかに関しては
原因は分かっていません。

(日本脊髄外科学会
「胸椎黄色靱帯骨化症|病気の解説と治療法の紹介」より)

・・・

詳細は上記リンクをご覧ください。

寝違えSOSドットコム
西武新宿線急行停車駅田無駅にて「一般社団法人交通事故治療相談室」、「田無北口鍼灸整骨院」を運営する白石の勉強・研究用ブログ。 寝違えを中心にぎっくり腰や橈骨神経麻痺など起床時に起こる痛みやしびれその周辺の疾患についてもまとめていく。
Related Posts
元プロ野球トレーナーがダルビッシュ投手の寝違え原因を指摘。スマホネック?
湿布薬の保険はずしを検討、のニュース
「寝違えSOSドットコム」YAHOOニュースでも取り上げていただきました。
代替医療、補完医療とは何か??